メリットは?

今イベントや商品を購入するとノベルティーももらう事があります。
そのノベルティーの多くは、企業名や商品名などが描かれていて宣伝効果が期待できます。
そのため身近で使用する物を選ぶことで使用する頻度が多いほど会社にも愛着を持ってもらえるのではないでしょうか。
また外出先に持ち運びできるボールペンやメモ帳やタオルなどは使用している人以外にも目に留まります。
そのため記念品を持っていない人にも会社の名前を知ってもらう事ができるチャンスになります。

名前入りの記念品は、手軽なものであれば一つ当たりのコストも低く、低予算でも多くの人に記念品を配る事ができます。
多くの人に企業を知ってもらえるチャンスになります。
ただしあまり不必要なものでは、持ち帰っても封を開けられることなくそのままになるか、捨てられてしまう可能性も有ります。
記念品を選ぶときには他よりもちょっと便利だなと思うもの、シーズン的に活躍するものなどを選ぶといいでしょう。

例えばボールペンでも付箋がついているもの消える蛍光ペンなど便利だと思うものを選びましょう。
また春には桜柄物や花粉対策のマスク、夏にはクールタオル、スマホを水から守る防滴モバイルケースなどもらった便利なものなどを選ぶと使用頻度も上がり、企業の広告にもつながります。

名前入りがオススメ

企業が行っているイベントなどに参加すると、様々な記念品をもらう事があります。
どの企業でもこのような記念品を配る時に共通している事があります。
それは名前入りの物を配っているという事です。

イベントでは何かを趣旨として行われています。
創立記念や何周年祝い、新商品のお披露目などが挙げられます。
そういった意味合いのあるイベントに足を運んでくれた事に対して、感謝の気持ちを込めて記念品は用意されます。
持ち帰って使用してもらうものを選ぶ為、名前入りにする方が様々なメリットがあります。

例えば、まだ企業として名が知られていない場合は、常に使用するボールペンやメモ帳、カレンダーなどを渡す事で、見かけるたび使用するたびに会社を再認識してもらえます。
頻度が多いほど頭に残る為、認知度にもつながります。

ボールペンやキーホルダーでも付箋付きのボールペンなど少し便利なものやおしゃれなものは、外出先でも注目されます。
見かけた人から指摘されて会話の中で企業の名前が出る事もあります。
名前入りの記念品にはこのような宣伝効果がある事が一番のメリットです。
また大量に配るものと販売促進目的でターゲットを限定して配るものなどがあり、それぞれブランドのロゴなどをいれる企業もあります。

記念品を配る

企業はもっと商品の宣伝をしたい、販売促進につなげたいと常に考えています。
テレビCMや雑誌や新聞に広告を載せると、不特定多数の人に商品の宣伝ができ大きな販売効果につながります。

しかしそれに対して宣伝費としてのコストが高く、どんな企業でも定期的に行えるものではありません。
スポット的に使用する企業もありますが、企業名や商品に愛着を持ってもらうためには単発では思ったような効果が得られません。
継続して行うからこそ多くの人の頭や耳に残り、認知度も上がります。

そういった効果を期待する方法の一つとして、記念品をくばるという方法があります。
私たちの日常生活の中で身近なものを選び、それを記念品として渡す事です。
ボールペン、カレンダー、キーホルダー、メモ帳など定番の記念品はいくつあっても喜ばれるものです。
日常生活で使用する機会が多い為、名前入りにすることで自然と会社の広告になります。
創業、創立、周年などのお祝いに渡すものにも名前を入れておくと、会社のイメージも伝わります。

また春には、サクラ柄のハンカチやせっけん、花粉症対策のマスク、夏にはクールタオル、うちわやセンスなど季節に応じて記念品を用意するのも、もらってちょっとうれしいものは企業の印象も良くなるでしょう。

ノベルティーとは

ノベルティーとは言語を訳すと、珍しい事象や物という意味があります。
最近よく目にするノベルティーは語源とは異なり、社名が入った記念品などを無料で配り、宣伝としての効果を得ています。
路上で配られる宣伝用の物から商品を購入した際の特典として用意されていることが多いです。
具体的なものとしてはストラップ、キーホルダー、ボールペン、カレンダーなどいくつあっても困らないものが選ばれています。
また手ごろでもらって喜ばれるのに社名を入れる事で愛着信を持ってもらえたらという思いも含まれています。
こういったものは多く人に配る事が目的なため、大量生産されて配布されています。

また自社商品として販売しているものに関連付けたノベルティーもあります。
洋服を扱っているブランドが設定金額以上購入者限定として、オリジナルのバックやルームウェアなどノベルティーとして配布しているお店も多いです。
ノベルティーは数量が決まっていることも多く、商品をより多く販売する為の促進物として活用されています。

中には限定数が数えきれるほどしかない場合や有名ブランドがノベルティー用として自社でアイディアを出し開発したものもあります。
付加価値や限定品などとして扱われ、ノベルティー自体が貴重なものとして扱われている場合もあります。
好きなブランドのノベルティーばかりを集めるコレクターもいます。
様々なノベルティーがありますが自社で開発までして配るのはコストもかかる為、名前を入れてくれるノベルティー専門店に発注する事が多いです。

参考サイト|ノベルティ・名入れ販促グッズ・記念品の専門店 -ノベルティガレージ